ここじゃないどこかへ -7色の海を越えて世界一周- |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by まる on  | 

いざ参らん!これがマチュピチュだ!

【世界一周 55日目】
2014.03.18 ペルー マチュピチュ
通貨(S/.=ソル)S/.1=約37円(実際はATMの手数料等でもう少し高くなります。)
ミネラルウォーター(ペットボトル500ml)=S/.1.50(約55円)

ついにやってきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

リアルタイムではルーマニア、スチャバにいます!

スクショ_スチャバ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大苦行(私の場合)から一夜明け、いよいよマチュピチュ本番日。

まずは宿で朝ご飯を食べてから出発します。

マチュピチュでは何もかもが高いので、バスに乗る前に村で食べ物と飲み物を買って行きます。

2014_0318_090324.jpg
2014_0318_084104.jpg
2014_0318_090307.jpg
往復 US$19.00(約1,940円)

マチュピチュの入口までは徒歩で山を登るって手段もあるのですが、私たちはこのバスで30分で一気に行きます。

ちなみに徒歩だと2時間くらいはかかるとか。


昨日の今日で、絶対登るわけないです。(断言)


2014_0318_090421.jpg

マチュピチュ入口でバスを降り、クスコで購入したチケットを見せ入場。


こんな感じの道を進んで行くと…

2014_0318_091059.jpg

マチュピチュ!


2014_0318_091526.jpg


マチュピチュ!!


2014_0318_104918.jpg


マチュピチュ!!!


2014_0318_112653.jpg


昨日の大雨も嘘のように止み、待っていると雲も晴れてきて…


2014_0318_134854.jpg


写真で見てきたまんまだ〜〜♡


もう何時間だって見てられます。

マチュピチュがあるのは高度2,300m程度のところですが、クスコ(約高度3,400m)で慣らしただけあり、遺跡中歩き回っても少し息が上がる程度。

隅から隅までくまなく周って、飽きるまでワイナピチュをバックにした遺跡を眺め、

数時間を過ごして大満足して帰りも来た時と同じバスに。

マチュピチュ山にもワイナピチュ山にも登らなかったけれど、

マチュピチュはワイナピチュとセットで見るのが


やっぱりいい!


登山券が取れなかった負け惜しみでもなんでもなくて、あの景色は本当に崇高でした。

2014_0318_123533.jpg
ワイナピチュの入口

アグアス・カリエンテスに戻って、少しだけ町中の観光をして、
2014_0318_180039.jpg
2014_0318_180927.jpg

夜はマチュピチュにたくさんいたアルパカを食べました♡

2014_0318_184058.jpg


ウマウマ♡


(アルパカのお味は、牛肉よりもさっぱりしていて、食感は牛より少し硬い感じでした。)

おまけ
2014_0318_114438.jpg
マチュピチュとサルティーニャ(ウマウマ)


現在、世界一周107位!女性世界一周19位!
皆様のクリックでランキング順位が上がるシステムです。
Facebookのいいね!の感じで一押しお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

携帯、スマホ、タブレットの方はこちらから♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 世界一周

にほんブログ村 女性世界一周

スポンサーサイト
Category : ペルー
Posted by まる on  | 0 comments  0 trackback

マチュピチュ村での夜

【世界一周 54日目】
2014.03.17 ペルー アグアス・カリエンテス
通貨(S/.=ソル)S/.1=約37円(実際はATMの手数料等でもう少し高くなります。)
ミネラルウォーター(ペットボトル500ml)=S/.1.50(約55円)

右・左、と一歩一歩足を運び続ければ、

いつかは必ず目的地に着くものなのです。(偉そうに…)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

リアルタイムではウクライナ、キエフから、

ウクライナ南部の国境の町、チェルノフツィへ移動中!

スクショ_キエフ〜チェルノフツィ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

話に聞いていた、2.5時間をゆうに2時間も超え、

トータル4.5時間もの間雨の中重い足を引きずり歩き続け、

最後にはバックパックを連れ(同級生女子)に担いで貰いながらも

目的地、アグアス・カリエンテスに到着した私達。

町の入口で客引きの女の子達に声を掛けられ、


遠い?その宿、ここから遠い??


と鬼気迫る表情で(切実)何度も確認しながらもついて行くことに。
(あんまり辛そうに見えたようで、その子達(15〜16歳)に『荷物持とうか?』と言われる始末…)


もうこれ以上歩かない!!
(移動手段に徒歩という選択をしないという意味で)


と心に固く誓い、宿に向かう途中で翌朝のマチュピチュまでのバス往復チケットを購入。
2014_0317_200641.jpg
US$19.00(往復)(片道のみだとUS$10.00。往復割引)
(ちなみに、ペルーでUS$を使用するときはお札の状態をシビアにチェックされ、少しでも破れ(2mm程度でも)があると受取を拒否されます。)

さすが雨の多い地域。


濡れても破れないビニルコーティングの丈夫な素材のチケットだね!
(ヤケ)


完全に身体が冷え切っていた私達はホテルでシャワーを浴びることに。
2014_0319_075057.jpg
S/.45.00/部屋(約1,665円)(朝食付)


これで熱いシャワーが出なかったらやさぐれて立ち直れない…


という恐る恐るバスルームへ。


ここはアグアス・カリエンテスじゃないの!!?
(アグアス・カリエンテス=熱い水(直訳))


という、万が一の時の為のクレームまで準備して蛇口をひねると…
(考えたくもないけれど、限りなく水に近いシャワーだったら…という懸念が常に付きまとうバックパッカー)


さすが…


さすが、アグアス・カリエンテス…♡



身体が芯からほぐれる温度・湯量の文句無しのシャワー!

熱いシャワーで生き返り、濡れた服を着替えて夕飯に夜の町へ。


こんなに辛い思いをした日は、もう飲むしか無いよね!!


ってわけで、ピスコサワー、頂いちゃいました♡
2014_0317_210504.jpg


う〜まぁぁああ〜♡
(明日はマチュピチュ本番なので、飲んだくれませんでした(笑))


ピスコサワーはブドウのお酒で、とっても飲みやすいお酒です!

強めだけど♡


明日はいよいよあのマチュピチュだ〜〜♪
(酔ってだいぶダメージを回復)


現在、世界一周129位!女性世界一周17位!
クリックありがとうございます!引き続き更新頑張ります。
皆様のクリックでランキング順位が上がるシステムです。
励みになりますので、ぜひ最後に一押しお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

携帯、スマホ、タブレットの方はこちらから♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 世界一周

にほんブログ村 女性世界一周

Category : ペルー
Posted by まる on  | 0 comments  0 trackback

クスコからマチュピチュ村への最高で最低の移動方法〜後編〜

【世界一周 54日目】
2014.03.17 ペルー クスコ〜アグアス・カリエンテス
通貨(S/.=ソル)S/.1=約37円(実際はATMの手数料等でもう少し高くなります。)
ミネラルウォーター(ペットボトル500ml)=S/.1.50(約55円)

歩くの、好きじゃないのに、なぜこの経路をチョイスしたのか、

あの時の自分を呪いたい…

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

リアルタイムではウクライナ、キエフにいます!

スクショ_キエフ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

発電所に無事到着した私達は、ここから鉄道のレール沿いを進む、

通称スタンドバイミーコースをマチュピチュ村と呼ばれているアグアス・カリエンテスまで歩くことに。

事前情報では、目的地まで10km程、約2.5時間の平坦な道のりだと聞いていたので、


まぁ、バックパックは担いでいるけど、


2泊3日分の荷物に縮小して軽くなってるし、


大丈夫でしょ!



くらいの気持ちで意気揚々と写真なんぞ撮りながら15:00に出発。
2014_0317_150202.jpg
2014_0317_150330.jpg
2014_0317_150527.jpg
2014_0317_150409.jpg
2014_0317_150418.jpg
(朝のツアーデスクでの待ち合わせで知り合い、一緒にバスを降ろされた大学生の男の子。)
(この写真を撮ったりしてる時、連れが西洋人に『今朝から何も食べてない。お金をくれないか?』と言われていたのだとか。色んな意味ですごい。)



少し雨がパラついているけれど太陽も出てるし気持ちいい。


とか思いながら、本当に線路沿いを歩いて進みます。
2014_0317_150654.jpg

数分で分かれ道。

ここは線路が途切れる方を選んで、この山道を進むのが正解。
2014_0317_152036.jpg

急な登り道に一気に汗だくに。

10分程で急な登り道は終わり、なだらかな線路沿いの山道に再び合流。

1時間弱も歩くとすぐにこのコースのメインイベントである橋が見え、
2014_0317_154913.jpg

記念撮影。
2014_0317_155148.jpg
2014_0317_155149.jpg
2014_0317_155151.jpg

お気付きでしょうか?

レンズも濡れる程の大雨になっているのを。
2014_0317_155156.jpg

もう、汗だくじゃなくて、雨でずぶ濡れ。

メインイベントを早々に終え、後はひたすら緩やかな上り坂の、
2014_0317_164655.jpg

代わり映えしない同じような景色の中、
2014_0317_173206.jpg

延々線路の枕木の上を歩き続けるという苦行が、

この橋での撮影の後、


約3.5時間続きます。





3 . 5 時 間 続 き ま す 。
(大事なことなので繰り返します。)


結論から言ってしまえば、このコースを選択したの、大誤算。(※私的に)

完っっっ全に自分の力量(体力)を見誤ってました。


ホンッッット、ごめんなさい


軽く歩いて行けるとか思ってごめんなさい



ってもう誰かに向かって謝りたい気分。


何だよ、スタンドバイミーコースって!!


そんなん知るかーー!!


見たことないし!!


映画!!(逆ギレ)



てな具合に、ずーっと文句垂れてました。心の中で。


もーやらない


二度と歩きなんかで行かない…



と一足進めるごとにブツブツ呟きながら歩くも、

後から来た人達にズンズン追い越され、日も暮れだし、

追い抜いて行く人もまばらになり、全然居なくなった頃には辺りが真っ暗に!!

大雨で濁流の大きな川沿いを、街灯もなく月明かりも無い中、それでも進んでいくと、

遠くの方にわずかな町灯りが…


つ…着いた…


やっt…(涙)

(声にならない)



町に着いたら、宿探し。

こんなにビリケツで宿、空きがあるかな…


現在、世界一周178位!女性世界一周21位!
更新した記事を皆さんに読んでいただいて嬉しいです。
皆様のクリックでランキング順位が上がるシステムです。
更新の励みになりますので、ぜひ最後に一押しお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

Category : ペルー
Posted by まる on  | 0 comments  0 trackback

クスコからマチュピチュ村への最高で最低の移動方法〜前編〜

【世界一周 54日目】
2014.03.17 ペルー クスコ〜アグアス・カリエンテス
通貨(S/.=ソル)S/.1=約37円(実際はATMの手数料等でもう少し高くなります。)
ミネラルウォーター(ペットボトル500ml)=S/.1.50(約55円)

バスチケットを購入したのに、そのバスに乗れないこともあるんです。

想定の、斜め上をいく出来事が起こる。

それが旅の醍醐味です。

ここで笑える人と一緒なら、旅はとても楽しいものになります。

私は、笑えるタイプの人間ですよ。(売り込み)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この表現、ずーっとしたくなくてしていなかったのですが、

ここまで現実に対してブログが遅れているともう書かざるを得ません。

リアルタイムではウクライナ、リヴィウにいます!

スクショ_リヴィウ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いよいよ、マチュピチュへ向けて移動します。

マチュピチュへ行くためにはまず、マチュピチュ村と呼ばれる、

マチュピチュ麓の、アグアス・カリエンテスという町へ行くことになります。
(言葉遊びじゃないよ)

このアグアス・カリエンテスへ向かう方法がいくつかあり、

①クスコから徒歩

②クスコからコレクティーボで発電所まで行き、そこから徒歩

③クスコから列車

(お金のかからない、若しくは時間のかかる順)

となってます。

私達は中くらいにお金のかからない(若しくは中くらいにお金のかかる)②、

通称スタンドバイミーコースを選択することに。

このコース、何故スタンドバイミーコースと呼ばれているかといえば、

線路をずーっと歩いて行くため。

あの映画のワンシーンを追体験出来ると、わりと人気のコースです。
(あとはやっぱりお金がかからないからね!)

前日に発電所までのコレクティーボを予約。
2014_0317_073612.jpg
S/.40.00(約1,480円)

ついでに帰り道の鉄道チケットも購入。
2014_0316_103416.jpg
US$47.00(約4,800円)
(マチュピチュ〜オリャンタイタンボ間片道)

PERU RAIL と INKA RAIL の二社がありますが、PERU RAIL は少しお高め。

二社ともクスコのアルマス広場に面してオフィスを持っているので、

時間と費用を調べて一割程お安かったINKA RAILで購入。

朝8:00クスコを出発する為、コレクティーボのチケットを購入したツアーデスクに7:30頃向かいます。

ここからバスの出発する場所まで歩いて行きます。

10分程で到着。
2014_0317_074834.jpg

こんなバスで発電所まで7時間程移動し、
2014_0317_084237.jpg

その後2.5時間程線路に沿って歩くとマチュピチュ村へ着く。

というのが今日の行程。

あくまで行程。

後で大泣きする目を見るのですが、そんなことはこの時知る由もなく…

で、名前を呼ばれて各バスに乗客が振り分けられていきます。

着席して出発を待ってると、私と連れ、同じツアーデスクで申し込んだもう1人の大学生だけ呼び出されてバスを下ろされます。

どうやら座席数以上のブッキングをしていたようで(予想)

一番安くチケット購入していた(と思われる)私達だけ、

別の車に移されることになった。(ようでした。)

で、手配された車がこちら。
2014_0317_084258.jpg
2014_0317_084329.jpg





え…


これ…?


バスじゃないし…


ていうか、



めっちゃファミリーカーだし!!



って3人で顔を見合わせ、


これなの?ホントにこれに7時間揺られるの…??


って聞いたら、


ダイジョブ!カンビオ、カンビオ!


この車で別の場所にある車に乗り換えるんだよ〜



って答えるもんだから、


ホントだな!?絶対だな!?


って小一時間程離れた場所で案内された車がこちら
2014_0317_090013.jpg
2014_0317_090026.jpg


(グレードアップしただけで同じ)普通車じゃん!!


え?これ?ホントにこれにカンビオ??

って聞いても、もちろん!何が不満?くらいの感じで答えられたら

もう笑うしかないし…


まぁね、


一般車をチャーターしたと思えばね、


トイレもすぐに停まってもらえるしね、


バスより揺れなくて良い感じだし、


むしろ3人で貸し切り状態で結果オーライか!!



と気持ちを前向きに切り替えてたら…

現地人の相席者がいつの間にか増えたし…

買ったはずのバスに乗れなかった上に、代替で用意された車は地元民と相乗り。


乗れるだけ乗せて移動した方が効率良いしね!商売上手だね!
(前向き)


ってことで、当初より1.5時間遅れでようやく出発。

大型車に比べるとずっと小周りが効く分、すいすい進みます。

すいすい、すいすい…

そりゃぁ、もう、


途中で運転席のメーターを横から覗いて確認したくらいのハイスピードで。


調子良く進んで、途中でランチ休憩。

ここでランチが取れるのは最後だよってドライバーが言うので私達も一緒に。
2014_0317_110231.jpg
2014_0317_104805.jpg
S/.6.00(約222円)

このシチューが本当に美味しかった。

支払いの段で幾ら?って聞いたらお店のお姉さんに、


7ソレス。(シレッ)


って上乗せされて言われたのがちょっと惜しかったけど。
(お店の人に幾ら?って聞く前に、同じメニューを食べてた相乗りの地元民のお兄さんに幾らか聞いて6ソレスなのを確認してたから、6ソレスでしょ?ってその分しか支払わなかった。1ソルくらい、ツーリスト価格として払っても良いのだろうって思うけど。)

その後もしばらく山道を走ります。

この、クスコから発電所までの山道、途中標高4,300m程度まで登ります。
看板

心配していた高山病もそれに伴う車酔いにも見舞われることなく調子良く進みます。

本当は寝ちゃえばいいんだけど、なんせクネクネの山道を結構な勢いで飛ばすので怖くて眠るなんてとてもとても…

途中ドライバーが車を停めて、おもむろに脇道を流れる水で顔を洗いだしたりして、


え?眠いの?!


眠かったの?!


今のワイルド洗顔は眠気覚ましなの?!!



みたいな感じだったからね。

程なくして、お店や人で賑わう小さな村に到着。

トイレ休憩…?

って思ってたら、車を乗り換えろ、との指示がドライバーから…


えーー発電所まで行くんじゃないの!?


って聞いても、


いや、僕はここまで。


って…


おい…


で、ドライバーの彼がその辺に停まってる車と交渉して(そんな展開?!!)

乗り換えることになった次の車がこちら。
2014_0317_140904.jpg
2014_0317_132655.jpg



めっちゃ地元の足じゃん!!


そして、今回も相乗りの方とご一緒。

今度は大きな荷物を抱えたおばさまでした。


この子…運転免許…


取れる年齢だよね…?



と疑わしい程若く見えるドライバーの運転で砂利の山道を進みます。

前を走る車が脇へ退く程の猛スピードで。
(ていうか、クラクション鳴らして脇へ退けさせていたとも言える。)

途中で更にもう1人大荷物を抱えたおばさまを拾い、

あのバンに、ドライバー合わせて6人+バックパック+おばちゃん2人の大荷物

という結構キチキチな感じな車内で、右に左に揺られながら肩寄せ合い仲良く乗車していると、

崖地でたくさんの車が立ち往生。

先に進めずに停まっている車と一緒に停車して様子をうかがってみると、

どうやら砂利にタイヤを取られたバスがいる為の様子。
2014_0317_140835.jpg

数日前の雨の影響か、土砂崩れしている所がここまでの道のりにも多くあり、

このバスもそれに足下を取られてしまったようでした。

何も出来ないので遠くで眺めていると、

そのバスの乗客達が降りてみんなで車体を一斉に押し始め…

と、沸き起こる完成と拍手。

無事抜け出せた模様。こういう時の場の一体感ってなんかいいよね。

バスの乗客達が車内に戻って行く隙に走り出す私達の車。

ここで、朝、不本意にも降ろされてしまったバスを追い抜くことに成功!
(いつの間にか趣旨が変わってる(笑))

この後は何事も起こること無く発電所まで到着。

ここで名前と国籍、パスポートナンバーなんかを記入して、

入山料S/.30.00(約1,110円)を支払います。

記入後、車で更に2〜3分離れたここがスタンドバイミーコースのスタート地点。
2014_0317_145246.jpg

ここから10km、約2.5時間のハイキングが、


始まるよ〜♪
(そんな甘いもんじゃなかったんだけどな!!)
(長くなり過ぎたので、発電所〜マチュピチュ村までは後編で!)


現在、世界一周584位!女性世界一周83位!
下りに下がっています。更新していないので当たり前です。
皆様のクリックでランキング順位が上がるシステムです。
更新の励みになりますので、ぜひ最後に一押しお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

Category : ペルー
Posted by まる on  | 1 comments  0 trackback

クスコで石を見る〜クスコ観光〜

【世界一周 53日目】
2014.03.16 ペルー クスコ
通貨(S/.=ソル)S/.1=約37円(実際はATMの手数料等でもう少し高くなります。)
ミネラルウォーター(ペットボトル500ml)=S/.1.50(約55円)

インカ文明がやたら複雑に石を切り刻んで積んでるんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高山病でのダウンから少しだけ立ち直り、

しかしながら高度3400mの街に息絶え絶えになりつつも、

這うように観光してみました。

インカ文明は、その精巧な石切、加工技術によって

カミソリの刃一枚すら通さない程の綿密さで組まれた組積造が有名です。

クスコの街並にもこの組積造の光景は至る所で見かけることが出来ます。

ガイドブックでも取り上げられる、

2014_0316_113225.jpg
12角の石や、

2014_0316_112636.jpg
2014_0316_112648.jpg
14角の石、

2014_0316_114209.jpg
ピューマの石組みなんかを見に行ってみます。


ピューマ、どこにいんだよ…


って思いますよね?

私も思いました。


はい、こちらで答え合わせ〜


2014_0316_114057.jpg
ピューマ(とヘビ)

ピューマの石組みの他に、ヘビってのもあるのですが、

写真を見返してもどれがどれなのか分からなかったので載せません(笑)

これらは全て同じ一角に集中してあるので、

ゆっくり時間をかけても20分程度で見て回れます。

この近辺で、カメラを構えている人だかりが出来ている所を目指せば

詳細の位置を把握してなくても簡単にコンプリート出来ます。
(行ってみれば分かる!くらいの感じで無問題。)

この他にも、

2014_0315_141821.jpg
組積造の壁の小道を歩いたり、

2014_0315_142506.jpg
2014_0315_142713.jpg
2014_0316_111639.jpg
プラサ・デ・アルマス(アルマス広場)でのんびりしたり、

2014_0315_142449.jpg
お尻のセクシーなお巡りさんを隠し撮りしたり、

2014_0316_120123.jpg
働く男をこれまた隠し撮りしたり、

2014_0316_114602.jpg
2014_0316_115137.jpg
2014_0316_114153.jpg
2014_0316_112038.jpg
2014_0316_112914.jpg

ただ街中をプラプラ歩くだけで絵になるので、写真を撮るのも楽しいです。

こうやって街中を歩いていると、特にプラサ・デ・アルマスの周辺で、


マッサージ、マッサージ、安いよ〜


って声を掛けられます。

これは、この街がマチュピチュに行く起点の街になっている為で、

マチュピチュへ行って疲れた身体をほぐしてくれるってわけです。

多くのマッサージ店があり、どこも大体1時間で、S/.20.00(約740円)程度。

インカマッサージやホットストーンマッサージ等、

組み合わせと施術時間によって多少の価格の前後があるようです。

私達もマチュピチュから戻ってから受けたのですが、安いし結構お薦めです。

マチュピチュ村でもマッサージ店があり、安いよ!って客引きされますが、

観光地価格か、ほぼ同じ内容で倍以上の、S/.50.00(約1,850円)していたので、

マッサージを受けるならクスコへ戻ってきてからの方がいいかも。

おまけ
2014_0316_195405.jpg
夜のプラサ・デ・アルマス


現在、世界一周176位!女性世界一周20位!
皆様のクリックで順位が上がるシステムになっています。
最後の一押し、ご協力お願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

Category : ペルー
Posted by まる on  | 0 comments  0 trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。